ポスターで巡る世界の人形劇 飯田でフェスタに合わせ

2016/07/30 11:54
ODEK2016073000659101.jpg

 飯田市のNPO法人「いいだ人形劇センター」は、世界の人形劇のポスターを集めた「すてきな世界の人形劇ポスター展2」を、飯田市本町の川本喜八郎人形美術館で開いている。いいだ人形劇フェスタ(8月2〜7日)に合わせた企画で、主に1980〜2000年代のヨーロッパのポスター約50枚を展示。当時どのような公演が行われたのかを想像して楽しむことができる。

 今年2〜3月に同館で開いたのに続く第2弾。大きな赤鼻のキャラクターが描かれたポスター(ドイツ、1980年代)や、人形が別の人形を糸で操っている写真のポスター(米国、1980年)など個性あふれる作品が並ぶ。

 同センター事務局長の木田敬貴(たかき)さん(42)は「展覧会を通じて人形劇の上演以外にも面白さがあることを伝えていきたい」と話している。

 9月6日まで。午前9時半〜午後6時半(入館は午後6時まで)。水曜休館(フェスタ期間中の8月3日は開館)。入場無料。

写真説明:ヨーロッパ各国の個性豊かな人形劇のポスター

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ