「夏のくま」に会いに来て 蓼科テディベア美術館でフェス

2016/07/27 09:53
ODEK2016072700657201.jpg

 茅野市と立科町境の白樺湖畔にある蓼科テディベア美術館は8月末まで、「夏のくまフェス」を開いている。全国のテディベア作家15人の約80点を集め、洋服を着せて展示する「ファッションショー」もしている。

 新郎新婦に見立ててドレスアップしたり、緑やピンクの愛らしい目をしたりした作品が並ぶ。諏訪大社御柱祭で氏子が着る法被をまとい、高さ約2メートルのガラスケースに入った物も。マネジャー及川憲吾さん(43)は「抱いて触って癒やされに来てほしい」と話している。問い合わせは同館(電話0267・55・7755)へ。

写真説明:テディベア作家による作品が展示されている「夏のくまフェス」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ