季節ごとの景色の美感じて 辰野の山岳写真愛好家作品展

2016/07/23 11:54
ODEK2016072300656001.jpg

 上伊那郡辰野町の辰野美術館で、同町下辰野の山岳写真愛好家松崎巌さん(79)の写真展「山・美しき自然への誘(いざな)い」が開かれている=写真。初めて迎える国民の祝日「山の日」(8月11日)に合わせて同美術館が企画。積雪の中央アルプスや紅葉の北アルプス涸沢など、山の豊かな表情を捉えた26点が並んでいる。

 中ア中岳で、風などで霧氷が岩に張り付いてできた様子を捉えた作品「エビのシッポと御嶽遠望」や、朝日に照らされた北ア燕岳のコマクサなどさまざま。松崎さんは、登山道を何度も歩いた経験から、季節ごとの風景を推測して山に登るといい、「光の角度や陰影を意識している。登山中には気付かないような景色の美しさも、写真を通して感じてほしい」と話している。

 8月21日まで(月曜休館)の午前9時〜午後5時。一般300円、高校生以下無料。30日には午後2時から、松崎さんのスライドトークがある。問い合わせは辰野美術館(電話0266・43・0753)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ