アマ音楽コンテスト、飯田で24日 県内ゆかり12組出演

2016/07/20 10:22
ODEK2016072000651201.jpg

 飯田下伊那地方で文化活動に取り組む市民グループ「IIDA WAVE(イイダウエーブ)」は24日、県内ゆかりのアマチュアミュージシャンによる音楽コンテスト「ザ・ファイナル」を飯田市公民館で開く。ハードロックからフォークの弾き語りまで、事前審査を通過した幅広いジャンルの10組と特別枠の地元高校生バンド2組が出場する。

 出場は、平均年齢49歳という岡谷市のバンドや、茅野市を拠点に活動する女性ボーカルのバンド、全国各地で月10本以上の弾き語りライブを行うという下條村出身の女性など。メンバーに県内在住者や出身者がいることを条件にテープ審査を通過した22組が、6月中旬の2次審査で自作曲を披露。イイダウエーブの会員が演奏技術や独創性、感動度など5項目で選んだ。

 飯伊地方のミュージシャンらを応援しようと2001年に始まり、16回目。ヘッドプロデューサーの桑原利彦さん(59)=飯田市愛宕町=は「幅広い年代とジャンルの出演者が選ばれた。感動の多いライブとして楽しんでもらえると思う」と話している。

 午後1時開演。入場料は一般千円、高校生以下500円。未就学児とイイダウエーブ会員は無料。問い合わせは事務局(電話0265・21・1212)へ。

写真説明:昨年の「ザ・ファイナル」で熱唱する出演バンド

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ