自然と遊ぼう!親子で体験 松本で17・18日「フェスタ」

2016/07/15 11:35
ODEK2016071500649801.jpg

 親子で多彩な野外体験プログラムを楽しめる催し「第17回ネイチャリングフェスタ自然と遊ぼうin松本」が17、18日、松本市蟻ケ崎のアルプス公園で開かれる。14日、会場では業者らがテント設営などの作業を進め、多くの人を迎える準備をした=写真。

 信濃毎日新聞社や松本市、松本商工会議所などでつくる実行委員会が主催。カブトムシに触れられる「昆虫ドーム」をはじめ、割り箸飛行機や紙ブーメラン作り、ウサギやモルモットとの触れ合いコーナーなどがある。

 この日は業者らが、約30のテントや案内看板などを公園内に設けた。実行委の関係者は「当日はにぎわうといい。天気も良くなってもらいたい」と期待していた。

 両日とも午前10時〜午後4時。同市島内の平瀬口交差点近くに無料の臨時駐車場を設け、そこから無料シャトルバスを運行する。問い合わせは信毎松本本社内の実行委事務局(電話0263・26・0085)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ