スグリの収穫楽しんで 上田で開園、ジャム作り体験も

2016/07/09 12:04
ODEK2016070900647301.jpg

 上田市武石上本入でユキノシタ科の果樹「スグリ」の収穫体験ができる「スグリ園」が開園した。運営する地元西武(にしたけ)地区の住民団体「西武活性化組合」によると、今月中旬ごろまで収穫を楽しめそうだ。組合は10日に武石観光センター(上本入)でスグリを使ったジャム作り体験会を予定しており、参加者を募集している。

 組合は8年ほど前にスグリ園をオープン。2千平方メートルの土地にアカフサスグリとクロスグリ(カシス)、バラスグリの3種類を育てている。収穫体験を楽しみに訪れる観光客や地元住民も徐々に増えてきた。西武活性化組合の井出守雄さん(70)=上本入=は「街なかに住んでいる人たちも、自然の中の体験で癒やされてほしい」と話している。

 開園時間は午前8時〜午後5時。10日の体験会は午後1時からで事前申し込みが必要。参加費500円。先着20人まで。入園券(30分500円)は武石観光センター(電話0268・86・2003)で販売している。

写真説明:真っ赤な果実を実らせたスグリと井出さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ