地域文化伝える、つるし飾り 別所温泉40カ所で展示

2016/07/05 10:00
ODEK2016070500644201.jpg

 上田市別所温泉のつるし飾り制作グループや別所温泉観光協会などでつくる実行委員会が8月16日まで、地元の旅館や入浴施設を中心に約40カ所で「つるし飾りまつり」を開いている。金魚やコイ、鶴などを模した華やかな飾りが、施設を訪れた人たちの目を引いている。

 実行委によると、かつて養蚕が盛んだった別所温泉では地元でつくる飾りの一部に絹が使われていた。地域の歴史文化を伝えるきっかけに―とまつりを開き、今年で7回目。

 日帰り温泉施設「あいそめの湯」には、地元の主婦らの制作グループ「別所温泉つるし飾りの会」の作品など約60点を展示した。山形県酒田市の「傘福」など日本三大つるし飾りのほか、平面のひな人形などを取り付けた上田の伝統的なつるし飾りを楽しめる。

 実行委事務局の関守宏さん(68)=別所温泉=は「まつりも7回目になり、知名度も上がってきた。独特な形をした上田の飾りもあるので、多くの人に見てほしい」と話している。問い合わせは別所温泉観光協会(電話0268・38・3510)へ。

写真説明:「つるし飾りまつり」の展示作品を眺める女性たち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ