長野市城山動物園出産ラッシュ オシドリ・ペンギン…

2016/06/29 10:15
ODEK2016062900634101.jpg

 長野市上松の城山動物園で、今月16日にふ化したオシドリのひなが愛くるしい姿を来園者に見せている。28日、ひなたちは寄り添い合って母鳥を追いかけ、人工の池を泳いでいた。

 中田康隆園長(60)によると、生まれた4羽のひなのうち、1羽は2日後に死んでしまった。2羽は茶色で、1羽は生まれつき色素が欠け、白っぽい色をしている。「これから成長してどうなるか楽しみ」と中田園長。

 同園では今年に入り、ワオキツネザルやペンギンなどの出産が続き、21日には初めてチンチラが1匹生まれた。中田園長は「赤ちゃんが増え、にぎやかになった。動物の赤ちゃんを見て、生命のことなど考えてほしい」と話している。

写真説明:池を泳ぐオシドリのひな3羽(左)=28日、長野市城山動物園

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ