orangeの地でコブクロ歌う 松本城で14日無料ライブ

2016/06/08 09:50

 人気男性デュオ・コブクロ(小渕健太郎さん、黒田俊介さん)が14日、松本市の松本城本丸庭園で無料の「フリーライブ」を開く。同市が舞台の青春純愛映画「orange―オレンジ―」(昨年12月公開)の主題歌「未来」を書き下ろした縁で、地元への感謝を込めて企画。松本市で初となるライブで、松本城をバックに歌声を響かせる。

 所属レコード会社のワーナーミュージック・ジャパン(東京)によると、ライブは「未来」を収録した最新アルバム「TIMELESSWORLD(タイムレス・ワールド)」が15日に発売となるのを記念して計画。午後4時半から5時までの30分間に、2人のトークを交えて数曲を披露するという。

 優先的にライブを観覧できる入場整理券を、当日午前10時から松本城公園で配る。本丸庭園に入る際、市民は住所を確認する運転免許証などを提示すれば無料、市民以外は城の観覧料(大人610円、小中学生300円)が必要。整理券を持った人の入場が終わり次第、整理券のない人も入場できる。ただ、混雑状況に応じて入場制限する場合があるとしている。

 「orange」は、県内出身で松本市在住の女性漫画家高野苺(いちご)さんの漫画が原作。単行本全5巻の発行部数は累計400万部を突破した。実写化した映画は全編を県内で撮影。興行収入が30億円を超える大ヒットとなった。コブクロの2人は、高野さんの原作を読んだ上で主題歌の「未来」を制作した。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ