松本「大歌舞伎」街でアピール 7月の公演へポスター

2016/06/01 10:06
ODEK2016060100612701.jpg

 7月11〜17日に松本市のまつもと市民芸術館で開く第5回「信州・まつもと大歌舞伎」のポスターが完成し、市や松本商工会議所などでつくる実行委員会が31日、中心市街地の中町商店街などで配布を始めた。

 演目は、同館の串田和美芸術監督が新たに演出する「四谷怪談」。ポスターは、出演する中村獅童さん、中村勘九郎さん、中村七之助さん、中村扇雀さんがスーツ姿で人混みを歩くデザイン。「亡霊」が行き交う現代社会を表現した。サイズは縦70センチ、横50センチほどで、500部を印刷し、中心市街地の商店街や公共施設などに配る。

 中町商店街のバウムクーヘン店「てまりや」(松本市中央2)はこの日、早速店頭にポスターを貼った。スタッフの大和晴佳さんは「街が盛り上がるといい」と話した。

 チケットの問い合わせは、まつもと市民芸術館チケットセンター(電話0263・33・2200)へ。

写真説明:松本市の中心市街地の店頭に貼られた「四谷怪談」のポスター

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ