熊本の童謡歌手「感謝伝えたい」 上田で7月コンサート

2016/05/27 09:59
ODEK2016052700610501.jpg

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県西原村在住で、7月1日に上田市の上田文化会館で開かれるコンサートに出演する童謡歌手、そがみまこさん(32)が26日、同市を訪れた。コンサートのPRとともに、西原村の被災状況や避難所での体験を語り、「支援への感謝の気持ちや被災地の現状を伝えたい」と話した。コンサートは地震発生前から企画。震災を受け、会場で義援金も募る。

 そがさんは4月16日の本震の際、2階建ての自宅にいた。大規模半壊したが、けがはなかった。村内の別の家に住む母親は一時、倒れた洋服棚で身動きできなくなったが、父親が助け出して無事だった。

 そがさんは今月初めまで車中泊を続け、現在は両親の家に身を寄せている。避難所となった村内の小学校では、海上自衛隊音楽隊の演奏に合わせて童謡を披露し、被災者を励ましたという。

 当日は、NPO法人「日本国際童謡館」(事務局・西原村)館長で童謡歌手の大庭照子さん、そがさんが出演する。「小さな木の実」「故郷(ふるさと)」のほか、千曲市の童謡作詞家田沢節子さん(65)が作詞した曲など約20曲を披露する。

 午後2時から。70歳以上無料、一般2千円(前売り1500円)。申し込みは、NPO法人日本国際童謡館かながわ(電話045・562・1950)へ。

写真説明:7月に上田市で開くコンサートに出演するそがさん。「一緒に童謡を口ずさみながら楽しんでほしい」と話す

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ