童門冬二さんが講演 真田氏テーマに東御で6月5日

2016/05/26 09:56

 東御市教育委員会と市公民館は6月5日、主催する市民大学講座の一環で、戦国武将・真田信繁(幸村)の生涯を描いたNHK大河ドラマ「真田丸」放送に合わせ、作家の童門冬二さんによる講演「白鳥神社と真田一族」を市中央公民館で開く。「真田丸関連史跡めぐり」と題し、真田氏ゆかりの地を訪問する催しも企画した。

 童門さんは、信繁の生きざまを独自の視点で描いた著書「名将真田幸村」(成美文庫)で、真田氏の氏神とされる東御市本海野の白鳥神社と信繁ら真田氏との関連に触れている。講演では、著書を基に信繁の武将としての強さを支えた秘密などについて持論を語る。

 真田丸関連史跡めぐりでは、5月28日に東御市の海野宿や興善寺などを訪問。6月18日に上田市の真田地域や上田城跡公園、9月24日に長野市松代町の真田宝物館などを訪ねる。7月23日には県立歴史館(千曲市)の笹本正治館長による講演「戦国時代の真田氏」を東御市中央公民館で開く。

 童門さんの講演は午後1時半〜同3時。市民大学講座の詳細については東御市教委生涯学習課(電話0268・64・5885)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ