お練りまつりの迫力再び 豊丘で写真展

2016/05/19 10:19
ODEK2016051900606601.jpg

 飯田市街地で3月下旬に3日間開いた「飯田お練りまつり」の写真展が、豊丘村交流学習センター「ゆめあるて」ロビーで開かれている。飯田下伊那地方の写真愛好家でつくる「伊那谷写真クラブ」副会長の筒井寛さん(74)=豊丘村河野=が「大名行列」や「東野大獅子」などの勇壮な所作や舞を写した55枚が並ぶ。

 「鳥の目からの写真」をイメージして中央通り本部前近くのビルから見下ろした様子を中心に、全47団体のうち35団体ほどを写した。各出し物に加え、幾重にも取り巻く観客が沸く様子も臨場感たっぷりに収めている。

 主要な出し物の大名行列と東野大獅子が中央通りで偶然鉢合わせた場面は「一番わくわくした」と筒井さん。来場した飯田市松尾清水の福島瞳さん(55)は「みんながお祭りを愛している感じが伝わってくる。迫力がすごい」と話していた。

 無料。5月末まで。開館時間は午前8時半〜午後10時(水曜日は午後5時まで)。村教育委員会は本年度から、このロビーを村民の交流の場にしようと積極的に活用し、展示会を開いている。

写真説明:大名行列や東野大獅子の所作や舞、観客の熱気を伝える写真展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ