上田で国際交流体験 丸子の有志ら22日にイベント

2016/05/17 10:00
ODEK2016051700605501.jpg

 上田市丸子地域の住民有志でつくる実行委員会や市教育委員会などは22日、同市上丸子の丸子文化会館で「国際交流フェスティバル2016inMaruko」を開く。市内で国際交流に取り組む団体など約20団体が集まり、日頃の活動を紹介したり、来場者に国内外の食べ物を振る舞ったりする。

 丸子地域に住む外国籍の住民を中心に、普段出会えない人たちが交流を深める目的で開き、今年で16回目。実行委員長の丸山康雄さん(74)は「イベントを通して、いつでも声を掛け、助け合える関係が築けるように、みんなが楽しく集える場所にしたい」と話す。今回は初めて、「こんにちは」を意味する10カ国の言葉が分かる計10個のスタンプを会場内に設置する。

 フェスは午前10時〜午後2時、入場無料。午後0時5分からは、和太鼓の演奏、ボリビアの民族舞踊、フラダンスなど国内外の文化を披露する「ステージ発表」がある。会場では豚汁や飲茶(ヤムチャ)、ジャージャー麺などが振る舞われる。

 実行委はフェスに併せ、生活の苦しい市民を支援するため、米の提供を呼び掛けている。フェス当日のほか、20日まで市丸子公民館で受け付ける。問い合わせは同公民館内の実行委事務局(電話0268・42・3147)へ。

写真説明:「国際交流フェスティバル2016 in Maruko」のチラシ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ