信州プロレス旗揚げ記念大会 思い出の地・別所温泉で

2016/04/29 11:09
ODEK2016042900598201.jpg

 上田市で旗揚げしてから5月5日で9周年を迎えるアマチュア団体「信州プロレスリング」(長野市)が同日、上田市別所温泉の市営日帰り温泉施設「あいそめの湯」で記念大会を開く。同市出身で代表のグレート☆無茶さん(44)は「別所温泉は知名度がない時期にも機会を与えてくれ、試合をさせてくれた場所。今度はその恩返しをしたい」と意気込んでいる。

 同団体は2007年に上田創造館(上田市)で旗揚げ。以来、「安全第一」「台本重視」などを掲げ、笑いを交えた「プロレスごっこ」を披露していた。発足当時は会場探しに苦労したが、試合会場を提供したのが別所温泉の旅館経営者らだった。

 大会当日は、ゲストとしてザ・グレート・カブキさんら有名プロレスラーも登場。信州プロレスのメンバーとゲスト約20人が4試合を戦う。無茶さんは「子どもはもちろん、大人には子どもの心を忘れるな―と伝えたい」と話す。

 午後2時開演。入場無料で全席自由。ご当地アイドルユニット「あっぷる学園応援部」などが試合前に会場を盛り上げる。来場者はあいそめの湯の半額チケットがもらえる。定員は250人程度。問い合わせは信州プロレスリング(電話026・224・1225)へ。

写真説明:旗揚げ記念大会のポスターを手にするグレート☆無茶さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ