まつもと大歌舞伎、横断幕でPR 松本本社建設地など

2016/04/15 10:01
ODEK2016041500591101.jpg

 7月11〜17日に松本市のまつもと市民芸術館で開く第5回「信州・まつもと大歌舞伎」の実行委員会は14日、大歌舞伎をPRする横断幕を、中央2(本町)の信濃毎日新聞新松本本社建設地など市内2カ所に掲げた。5月1日にチケットの一般販売が始まることを伝えている。

 実行委は、2014年の前回は松本駅構内と市街地の千歳橋に掲げた。今回は人目に付く場所として、大通りに面した信毎新松本本社建設地を囲む金属製フェンスを選んだという。もう1枚は前回同様、松本駅構内に掲げている。

 信毎新松本本社建設地の横断幕は縦90センチ、横12メートル。同市浅間温泉の会社員女性(57)は「とても楽しみ」と、役者たちの顔写真を眺めていた。

 実行委は市や市芸術文化振興財団、信毎などで構成。同館の串田和美芸術監督が演出する「四谷怪談」で、中村獅童さん、中村勘九郎さん、中村七之助さんらが出演する。

 チケットの一般販売は5月1日午前10時から、同館などで行う。問い合わせは実行委事務局(電話0263・34・3293)、同館(電話0263・33・3800)へ。

写真説明:信濃毎日新聞新松本本社建設地に掲げた「信州・まつもと大歌舞伎」をPRする横断幕

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ