乳幼児と鑑賞楽しむツアー 長野・東山魁夷館、12日初回

2016/04/07 11:31
ODEK2016040700586201.jpg

 乳幼児を連れて作品鑑賞を楽しんでもらおうと、日本画家東山魁夷さん(1908〜99年)の作品を収蔵する県信濃美術館東山魁夷館(長野市)は本年度、初の「ベビーカーツアー」を開く。泣き声などを心配して美術館から足が遠のきがちな人たちに向け、子どもと一緒に館内を巡る時間帯を設け、安心して楽しんでもらう試み。計6回を予定し、12日に初回がある。

 同館によると、「小さな子どもを連れていると美術館には行きづらい」との声が寄せられていた。来館者は比較的高い年齢層が多く、子育て世代にも足を運んでもらう狙で、ベビーカーツアーを企画。担当者は「忙しい生活の中で、少しでもゆったりとしたひとときを楽しんでほしい」とする。

 学芸員と話しながら作品を見て回り、約30分間を予定。他の来館者にも趣旨を説明し、理解を求める。本年度は試験的に、比較的来館者の少ない平日に開催日を設定したが、反響を踏まえ、休日に行うかどうかも検討する。

 本年度の常設展は「私の履歴書」とのテーマで展開。ツアー初回の12日は、東山さんの学生時代の作品などが展示されている。2回目以降は7、9、11月、来年1、3月に予定。ベルリンへの留学、風景画に力を入れるようになった時期など、常設展の作品は年代や季節を追って約70点ずつ5回入れ替える予定で、ツアーでもそれぞれを鑑賞してもらう。

 ツアーは無料で、通常の観覧料(大人500円、大学生300円)は必要。0〜3歳くらいの子どもと保護者を想定している。定員は各回先着5組。事前に申し込む。問い合わせは信濃美術館(電話026・232・0052)へ。

写真説明:ベビーカーツアーを初めて企画している東山魁夷館

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ