串田和美さんと草笛光子さん 松本で舞台、26日に初演

2016/03/23 10:33
ODEK2016032300560201.jpg

 松本市のまつもと市民芸術館で26日に初演を迎える舞台「海の風景」で初共演する同館の串田和美芸術監督(73)と女優の草笛光子さん(82)が22日、同館で記者会見し、出演への意気込みを語った。草笛さんが2014年に松本市で舞台に出演した際、串田さんが楽屋を訪れたのが初共演のきっかけといい、串田さんは「夢みたいに思っていた共演が実現し、しかも松本で幕を開けられる。役者冥利(みょうり)とはこのこと」と表現した。

 舞台の原作は戯曲で、串田さんと草笛さん演じる夫婦が海辺をピクニック中にトカゲの若夫婦が現れ、奇妙な会話が始まるといったファンタジー。串田さんは「気分で好き勝手なことを言い合う、その辺にいる夫婦。芝居の中では変なことも起きる。皆さんがくすくす笑い、少し自分のことのように思ってくれればいいな」とアピールした。

 草笛さんは「松本は街全体が芸術家が育つような土地柄。芸術の水準が高いと思うので(本番を迎えるのは)怖い」としつつも、「へんてこな2人のやりとりを見てほしい」と話した。

 30日まで1日1公演。5500円(25歳以下3500円)。問い合わせは同館(電話0263・33・3800)へ。

写真説明:舞台上で記者会見する串田和美さん(左)と草笛光子さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ