上田市で週刊うえだ写真コンテスト、写真展を開く

2016/03/06 10:11
ODEK2016030600554201.jpg

 第5回週刊うえだ写真コンテスト(週刊上田新聞社主催)の作品展が5日、上田市天神の上田ガス本社内「Gas(ガス)ギャラリー」で始まった。10〜80代が撮影した入賞・入選作品計50点が並ぶ。

 コンテストは一般、高校生以下、家族写真の3部門で計301点の応募があった。一般の部で最優秀賞の打江美恵子さん(73)=上田市中央東=の作品「真田色(しょく)」は、木の根元一面に散った真っ赤なモミジの葉と、木や土の色のコントラストを表現した。

 高校生以下の部は、上田東高校3年の曽根香住さん(18)=同市野倉=が「当たり前の風景を違う世界に見せたかった」と自宅近くの風景をスローシャッターで撮影。家族写真の部の竹内理三さん(82)=同市岡=は家族6人が万歳のポーズでジャンプした瞬間を捉え、それぞれ最優秀賞に選ばれた。

 14日までの午前10時〜午後4時(最終日は午後2時まで)。入場無料。

写真説明:幅広い年代が応募した週刊うえだ写真コンテストの作品展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ