ひな人形華やか春まつり 辰野・荒神山周辺4施設

2016/02/20 11:30
ODEK2016022000550001.jpg

 辰野町荒神山周辺の4施設で20日、「たつの荒神山温泉春まつり」が始まる。辰野美術館では、寄贈されたり借りたりしたひな人形約800体を展示。十段飾りの大ひな壇のほか、2020年東京五輪や竹取物語にちなむコーナーもあり、華やかな雰囲気だ。

 五輪コーナーは、聖火を持つ藤娘、サッカーや柔道をする人形などが並ぶ。入場行進や観客も再現し、ラグビーの五郎丸歩選手のポーズを模した人形も。竹取物語のコーナーは、月に帰るかぐや姫が残したとした玉手箱に、来場者への贈り物を入れた。

 町外女性から寄贈された大正から戦後の市松人形30体と手作りの人形用着物、押し絵なども展示する。期間中は入場無料。20日午後2時から「春を呼ぶアンサンブルコンサート」、21日午後1時半から押し絵の羽子板作りがある。

 まつりは3月6日まで。温泉施設「湯にいくセンター」で27日にひな人形の形のパン作り、たつのパークホテルでは28日につるしびな作りなどもある。パークセンターふれあいでは春の写真展を開く。

写真説明:人形約150体が並ぶ十段飾り。手前はオーケストラを表現している

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ