つるしびな2000体「華のトンネル」 根羽の観光施設通路

2016/02/05 10:00
ODEK2016020500545901.jpg

 下伊那郡根羽村の村複合観光施設「ネバーランド」の通路で、約2千体のつるしびなが展示されている。冬の誘客策として2012年に始まり、5年目。通路の壁や窓に暗幕を張り、下からライトアップされたつるしびなが厳かな雰囲気を醸し出している。

 女児の健やかな成長を願い、赤い糸に赤ん坊や金魚、ウサギなど、さまざまな布製の人形がつるされている。通路近くには約100体の土びなや、同施設のレストラン入り口付近には小窓からのぞいて、鹿やイノシシなどの小さなつるしびなを観賞する約500体の「のぞき雛(びな)」も飾った。

 支配人の菅沼律雄さん(62)は「落ち着いた気持ちでゆっくり見てほしい」と話している。展示は4月3日まで。午前9時半〜午後5時。入場無料。

写真説明:ネバーランドの通路を華やかに彩るつるしびな

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ