善光寺周辺「劇場」に 長野で6日から催し

2016/02/04 10:30
ODEK2016020400545701.jpg

 長野市の善光寺周辺のギャラリーなどで演劇やワークショップ(参加型講習会)を楽しむ「もんぜんまち劇場」は6〜14日に開く。善光寺一帯で同期間に開催する「長野灯明まつり」に合わせ、地域のにぎわいにつなげようと開き、6年目。今年は13演目を予定しており、多くの来場を呼び掛けている。

 善光寺周辺のまちづくりに取り組む市民や、出演者らでつくる「もんぜんまち劇場の会」が主催。新潟市の郷土玩具「鯛車(たいぐるま)」を作って楽しむワークショップや、市内外の演者による寄席や現代劇、演奏などが楽しめる。

 県信濃美術館(長野市)は期間中、県内在住のアニメーション作家・榊原澄人さんの作品を、SHINKOJIホール(長野市東町)とアトリエWANDERLUST(同)の2カ所で上映する。6、7、13、14日はWANDERLUSTで、北信濃の民話を題材にした榊原さんの作品の上映もある。

 8日の朗読会は申し込みが満員となり、締め切った。全ての演目は、もんぜんまち劇場事務局のナノグラフィカ(電話026・232・1532)に問い合わせが必要。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ