東信の高校教員、書の力作ずらり 東御で20点展示

2016/01/23 11:14
ODEK2016012300542101.jpg

 第37回東信地区高校書道教員展が22日、東御市田中のギャラリー「胡桃(くるみ)倶楽部」で始まった=写真。東信地方の高校教員16人が、漢詩や和歌から歌謡曲の歌詞まで幅広い題材を基に制作した書の作品約20点を展示している。

 県高校書道教育研究会東信支部の主催。空海の手紙「風信帖(ふうしんちょう)」を写した大作や柔らかい筆致で「天衣無縫」としたためた伝統的な書、アイドルグループAKB48の歌の歌詞を横書きで表現した現代的な作品もある。和歌を題材にした書を出品した東御清翔高(東御市)教諭の小林小百合さんは「普段は生徒に教えている先生たちも、少しずつ勉強しているところを見てもらいたい」と話していた。

 24日までの午前9時〜午後6時(最終日は午後3時まで)、無料。問い合わせは事務局で小諸高校(小諸市)の渡辺明さん(電話090・9665・3613)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ