松本で縁起物の初音販売 ウグイスの鳴き声に似た竹笛

2016/01/03 09:45
ODEK2016010300536201.jpg

 松本市大手3の四柱神社などが、新年の縁起物として親しまれる手作りの竹笛「招福初音(はつね)」を販売している。吹くとウグイスの鳴き声に似た音が出る。

 招福初音は長さ約8センチ、直径約2センチ。江戸時代から作られているとされ、松本地方などの県内のほか、栃木県や福島県会津地方でもみられる。

 四柱神社の招福初音は、同市北深志の理髪業、原幸雄さん(62)が一つずつ丁寧に作った。税込み500円で、400個を販売する。同神社権禰宜(ごんねぎ)の藤森睦三さん(49)は「縁起物の初音を吹いて、福を招いてほしい」と話している。

 松本市内では深志神社でも販売している。

写真説明:松本地方などに伝わる縁起物の竹笛「招福初音」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ