上田の市民の森スケート場 今季開業

2015/12/20 10:48

 上田小県地域唯一のスケート場、上田市芳田の市営「市民の森スケート場」で19日、今季の営業が始まった。今年は暖かい日が続いたが、担当者はオープンにほっとした様子。初日は無料開放され、親子連れなどでにぎわった。

 同スケート場は1周約270メートルの外周リンクと、中央に縦30メートル、横60メートルのリンクがあり、近年はシーズン中に延べ約1万3千人が訪れるという。この日は、手をつないで滑る親子やボランティアの指導員に教わりながら滑る子どもたちもいた。

 今季初滑りの同市豊殿小学校1年の井上陽彩(ひいろ)さん(7)は「初めに立った時は怖かったけれど、(外周リンクのコーナーを)回るのが楽しかった」。市民の森公園管理事務所の堺沢新二所長(61)は「営業開始に間に合ってよかった」と話していた。

 営業は来年2月14日まで(31日、1月1日は休み)の午前9時〜午後4時半(入場は午後4時まで)。料金は一般750円、中学生以下300円。未就学児無料。300円で靴を貸し出す。問い合わせは市民の森スケート場(電話0268・27・9396)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ