元日に666m走る女性66人募集 上田で「真田丸」機に催し

2015/12/19 11:51

 上田市真田地域の住民らでつくる「真田○(まる)ミーティング運営委員会」は来年の元日、同地域の長谷寺から山家神社までの666メートルを66人の女性が戦国時代の忍者や姫の格好で走る催し「祝姫乱乱RUN(しゅくひめらんらんらん)」を行う。NHK大河ドラマ「真田丸」の放送を機に地元を盛り上げようと、来年から始める「真田の郷(さと)新年祝賀祭」の一環。出場する女性を28日まで募っている。

 戦国時代に情報収集で活躍した女性がいたことになぞらえて企画。参加者はスタート地点の同市真田町長(おさ)の山家神社で守り札「真田公の智慧(ちえ)の内符」を授かり、近くの長谷寺まで駆けて行き、「真田公」に報告して内符を入れるお守り袋を受け取ると、「祝姫の智慧袋」が完成する。

 服装は自由だが、運営委員会は「鉢巻きや額当(ひたいあて)など一部でもいいので、戦国時代風にしてほしい」とする。希望者には主催者側が衣装を貸し出す。

 午前11時スタート。参加無料。定員に達し次第締め切る。申し込みはさなだスポーツクラブ(電話0268・72・2657)へ。新年祝賀祭の催しは、上田市と群馬県沼田市をつなぐ「のろしリレー」や巨大わら馬作り、○×クイズなどがある。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ