さる年を描いたカレンダー原画 伊那で漫画家橋爪さん展

2015/12/19 11:47
ODEK2015121900531801.jpg

 伊那市境の漫画家橋爪まんぷさん(75)作の来年のカレンダー「猿起(えんぎ)まんが絵巻」の原画展が、同市西箕輪のみはらしの湯ロビーで開かれている。来年のえとの猿を季節に合わせて面白おかしく表現。「猿願成就」「猿器晩成」などと1字を「猿」に置き換えた四字熟語も各月に添え、遊び心たっぷりだ。

 カレンダーの原画はA4判13枚。1月は獅子舞をする猿、9月は寝転んで酒を飲みながら月見をする猿を描いた。カレンダーとは別のA4判原画17枚も展示。ラグビーのユニホーム姿の猿やマレットゴルフをする猿も描かれている。

 「お猿さんの愛嬌(あいきょう)や明るさを表現した」と橋爪さん。「縁起がよくなるように」と願いを込めたという。

 来年1月31日まで。午前10時〜午後9時半(1月1日は午前0〜8時半)。29、31日と1月5、19日休館。

写真説明:会場で原画の説明をする橋爪さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ