季節外れに数輪…師走の紅梅 松代・旧樋口家住宅

2015/12/18 10:20
ODEK2015121800531001.jpg

 長野市指定文化財の武家屋敷「旧樋口家住宅」(松代町松代)の庭園で、季節外れの紅梅が数輪開花した。池の近くにある高さ約4メートルの古木が咲かせた濃いピンクの花は、春の訪れを感じさせるかのようだ。

 スタッフの松田栄太郎さん(71)によると、例年は2月下旬ごろに咲くが、このところ高めの気温が続いた影響からか、16日に開花を確認。17日は冬型の気圧配置で寒気が入ったが、咲いた花の周囲には赤みを帯びて膨らんだつぼみも多数見られた。

 旧樋口家住宅には、来年1月に始まるNHK大河ドラマ「真田丸」の放送を前に観光客も多く訪れており、思わぬ時期の紅梅の開花を驚いていた。真田家ゆかりの地を写真に撮ろうと訪れた長野市北堀の山田隆男さん(81)は「この時季の開花は珍しい。咲き具合も良くてきれいだね」と、カメラのシャッターを切っていた。

写真説明:「旧樋口家住宅」の庭園で季節外れの花を咲かせた紅梅

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ