「冬の桜」きらきら 飯田・大宮通りの並木に電飾

2015/12/11 10:11
ODEK2015121100507801.jpg

 飯田市の大宮通り周辺の9地区住民でつくる「大宮通り桜保存会」(武田年史会長)は10日夜、桜並木の一角でイルミネーションの点灯を始めた。桜並木は毎年春に大勢の人を楽しませており、「冬の桜を咲かせよう」と企画した。

 9本の桜の木や地面に、青を基調に赤、黄、白など約2万球の発光ダイオード(LED)の電球を配置し、星やタワーなどを表現した。桃色の電球を桜の花に見立てた飾りもある。

 自宅で長年イルミネーションを施していた下伊那郡喬木村の矢田和義さん(70)が、以前に同市鈴加町に住んでいた縁で保存会に電球を提供した。飾り付けが大変で昨年から自宅ではやめており「使ってもらえればうれしい。年々飾りのアイデアがわくはず」と期待する。会長の武田さんは「近隣の企業もイルミネーションを飾り、広がっていけばうれしい」と話していた。

 午後5時〜10時に来年1月10日まで点灯する。

写真説明:大宮通りの桜並木を彩るイルミネーション

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ