乙女スイーツ部門賞 松本・信州芽吹堂のフィナンシェ

2015/12/09 11:02
ODEK2015120900506301.jpg

 土産品企画販売の信州芽吹堂(松本市)が販売する焼き菓子「軽井沢メープルフィナンシェ」が、楽天主催の「冬のスイーツグランプリ2015」の乙女スイーツ部門賞に選ばれた。信州芽吹堂担当者の松林鉄平さん(40)は「審査員に喜んで試食してもらえてうれしいが、グランプリを逃したので次はリベンジしたい」と話している。

 同社によると、小麦粉やバターなどで作るフィナンシェは北佐久郡軽井沢町の雰囲気をイメージ。ウエディングベルの形をしており、「メープル味で表面はさくっと、中はしっとりとしているのが特長」という。

 スイーツグランプリは、インターネット上の仮想商店街「楽天市場」に出品している商品が対象で乙女スイーツなど3部門で行われた。書類・試食審査やネット投票を経て、各部門3品ずつが決定。3日に東京都内で開かれた最終審査に進んだが、グランプリ(各部門1位)を逃した。

 6個入り864円、12個入り1620円。軽井沢・プリンスショッピングプラザイースト内にある信州芽吹堂運営の店舗「軽井沢森の小部屋」で購入できる。

写真説明:乙女スイーツ部門賞に選ばれた「軽井沢メープルフィナンシェ」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ