高畑勲監督、松本で12日講演会 「戦争 止められなかった」テーマに

2015/12/07 09:46

 集団的自衛権行使を認めた安全保障関連法をめぐり、松本市中央公民館で12日に開かれるアニメ映画監督高畑勲さんの講演会の詳細が、6日までに決まった。テーマは「戦争ははじまったら止められなかった」で、日本が敗れた太平洋戦争などに触れる予定。同法の問題点を広く考える機会とする。

 関連法廃止をめざす松本地方の実行委員会が主催。1935(昭和10)年生まれの高畑さんは「映画人九条の会」の呼び掛け人の1人。実行委メンバーで安曇野ちひろ美術館(松川村)常任顧問の松本猛さんによると、戦争をテーマにした高畑さんのアニメ映画「火垂るの墓」は、自身の体験が基になっている。

 講演に続き、「今の日本、何がどうなってるの?」の題で、高畑さんと松本さん、実行委メンバーで信州大大学院法曹法務研究科(松本市)特任教授の又坂常人さんが語り合う。

 午後2時~午後4時。無料。問い合わせは事務局の戦争をさせない1000人委員会・まつもと(電話0263・33・9513)か憲法九条を守り広げる松本地域連絡会(電話090・8569・3578)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ