佐久で「安養寺ら~めん」のスタンプラリー始まる

2015/12/01 11:41
ODEK2015120100503901.jpg

 佐久市の14店舗でつくる「信州佐久安養寺ら~めん会」は1日、地元でPRする安養寺ラーメンを食べて集めるスタンプラリーを始める。達成者には「安養寺ら~めん」の文字入りのどんぶりをプレゼント。また、同会がローソンと開発した安養寺ラーメンも同日に販売開始になる。

 安養寺ラーメンを普及し、佐久市への誘客につなげよう―と、2008年から取り組む。安養寺ラーメンは、佐久商工会議所と市内のラーメン店が協力してアピールしており、佐久市の安養寺みそを8割以上使っていることが条件。麺や具などは自由だ。各店舗のラーメンの値段は750~900円。

 ローソンと作った安養寺ラーメンは、電子レンジで温めて食べるタイプ。あっさりとしたスープに、ゆで卵などを添えており、498円で販売する。甲信越地方の約400店舗で21日まで、限定販売している。

 スタンプラリーでは、参加店舗で注文するか、ローソンのラーメンの包装にあるマークを専用の台紙に張り付ける。五つ集めるとどんぶりがもらえる。

 同会の井出光成会長(39)は「同じ安養寺ラーメンでも中身も味もそれぞれ。いろいろ足を運び、お気に入りの一杯を探して」と話している。どんぶりは先着180人限定。問い合わせは同会事務局(電話0267・66・6660)へ。

写真説明:スタンプラリーでもらえるどんぶりと、PRするチラシ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ