ランニングフェス参加者募集 松本・塩尻で3月19日

2015/11/28 11:37
ODEK2015112800503201.jpg

 「春の松本ランニングフェスティバル2016」が来年3月19日、松本平広域公園「信州スカイパーク」(松本市、塩尻市)で開かれる。参加者は年々増えており、5回目となる今回はハーフマラソン、10キロ、2キロとファミリー(2キロ)の部がある。実行委員会は「春の広域公園でさわやかな汗を流してほしい」と呼び掛ける。1月31日まで参加者を募集している。

 同公園指定管理者のTOYBOX(トイボックス)と松本平タウン情報などでつくる実行委が主催し、信濃毎日新聞社が共催。ハーフマラソン(定員1500人)は高校生以上が参加でき、参加費4千円。中学生以上が参加できる10キロ(同700人)は高校生以上3千円、中学生2千円。小学生以上の2キロ(同300人)は中学生以上2千円、小学生千円。

 家族などで参加するファミリーの部は300組を募集する。中学生以上と小学生の計2〜4人の組み合わせにより、参加費は1組3千〜6千円。

 いずれも発着場所は、広域公園内の陸上競技場。当日は午前7時に受け付けを始め、同8時半の10キロから順次スタート。参加者全員に靴下の記念品を贈るほか豚汁、おにぎり、飲み物などを用意し、完走者には完走証を発行する。松本駅と会場を結ぶ無料シャトルバスを運行する。

 大会公式サイトなどから参加を申し込む。問い合わせはトイボックス(電話0263・57・2211)へ。

写真説明:今年3月に開かれた「春の松本ランニングフェスティバル」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ