WBA受賞のビール味わおう 東御で20日オラホフェスタ

2015/11/13 10:01
ODEK2015111300498801.jpg

 信州東御市振興公社(東御市和(かのう))は20日、製造するクラフトビール「オラホビール」を提供する初の「OH!LA!HO FESTA!!(オラホフェスタ)」を東御市田中駅前の市営温泉健康複合施設「ゆうふるtanaka」の屋外デッキで開く。昨年7月に発売した新商品「キャプテンクロウ・エクストラペールエール」が、国際品評会「ワールド・ビア・アワード2015」で部門別のアジア・オセアニア地区1位になったのを記念して企画した。

 午後3〜9時、施設の2階入り口外側の屋外デッキにテーブルと椅子を設置し、ホップを多めに使うことで香りと苦みが特徴の「キャプテンクロウ」のほか、ゴールデンエール、アンバーエールなど5種類を用意する。500ミリリットルを500円、200ミリリットルを300円で販売するほか、好きな4種類を選べる「飲み比べセット」(千円)もある。

 また、20〜30日、協力する店舗でキャプテンクロウを1本(350ミリリットル)買うと1ポイント付くスタンプラリーも実施する。カードに10ポイント集めると、「ゆうふる」で記念グラスと交換できる。

 オラホビール工場の醸造主査、山越卓(たかし)さん(41)は「フェスタをきっかけに、地元の人にオラホビールをもっと飲んでほしい」。「ゆうふる」の久田和典支配人(39)は「田中駅が近いので、電車で来て入浴とビールを楽しんで」と来場を呼び掛ける。問い合わせはオラホビール(電話0268・64・0006)へ。

写真説明:オラホフェスタの会場になるゆうふるtanakaの屋外デッキでオラホビールを持つ久田支配人(右)と山越さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ