幻の「樽滝」25日に出現 木島平、秋の放水は3年目

2015/10/23 10:23
ODEK2015102300492101.jpg

 木島平村上木島の国道403号沿いで25日、年に2回だけ姿を現す「樽(たる)滝」がお目見えする。滝は中部電力が水路から土砂を取り除く放水によってできる。秋の放水は3年目で、村は「岩盤から水が流れ落ちる光景は圧巻」とPRしている。

 放水は午前8時半〜午後4時。「幻の滝」とも言われる樽滝は落差が50メートルほどで、滝が現れる日は多くの人でにぎわう。毎年5月8日に地元の「玉滝不動明王」の例祭に合わせて放水しており、写真愛好家らの要望を受けて2013年からは秋にも行っている。

 当日は近くの糠千(ぬかせん)公民館で午前10時半から、地元団体が手打ちそばを販売する。村観光交流センターでは同10時からきのこ汁の振る舞いや山菜おこわ、地元農産物の販売などがある。

 問い合わせは村観光協会(電話0269・82・2800)へ。

写真説明:秋にも出現するようになった「樽滝」=2013年10月

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ