「シリゼミ」塩尻で11月 商店主から学ぶ31講座

2015/10/20 11:26
ODEK2015102000490601.jpg

 塩尻市内の商店などで11月の1カ月間、店主らが専門知識や技術を無料で市内外の一般の人に教える講座「塩尻知る知りゼミナール(シリゼミ)」が開かれる。地元商店の技術やサービスを見てもらい、来客増につなげる狙い。30事業所が31講座を用意しており、23日から受講生を受け付ける。

 和菓子店はかりんとうまんじゅう作り、生花店はリース作りの教室を開く。飲食店2店は、開業希望者向けに経営について説明。自転車店による「子どもの自転車乗り方教室」や、庭づくり、写真など講座は多彩だ。

 同様の取り組みは「まちゼミ」と呼ばれ、愛知県岡崎市で始まった。塩尻市では12年度に塩尻商工会議所が始め、今年2月の前回から商店主らでつくる「シリゼミの会」が主催し、通算5回目。

 会の世話人で総合衣料品店の役員松尾純子(すみこ)さん(52)は「各店が情報交換をして、楽しい講座になるよう工夫している」と受講を呼び掛ける。受講料は無料だが、材料費がかかる講座もある。講座の詳細は信濃毎日新聞の23日付朝刊に折り込まれるチラシに掲載。シリゼミのホームページも同日から公開する。問い合わせは事務局の塩尻商工会議所(電話0263・52・0258)へ。

写真説明:11月に1カ月間開かれる「塩尻知る知りゼミナール」のポスター

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ