昭和の車やバイク一堂に 阿南で17日初のイベント

2015/10/16 10:11
ODEK2015101600488801.jpg

 下伊那郡阿南町の町民有志らで組織する実行委員会は17日、昭和に製造された車やバイクを集めて展示するイベント「第1回あなん旧車ミーティング」を、同町のコミュニティーの森駐車場で開く。昭和を懐かしみ、古い車のファン同士で交流する場になれば―と企画した。

 旧車ミーティングは町商工会が同駐車場で開く「第31回阿南大商工業祭」のイベントの一つとして開催する。実行委員長を務める同町北条の自営業、松下俊幸さん(48)が商工会員からの依頼で企画した。もともと昭和の車やバイクが好きで集めていた松下さんが、愛好家同士で交流する機会がないかと知人と話していて思い付いたという。

 現在、町内外から車32台、バイク15台の展示が決まっているというが、当日まで受け付ける。松下さんは「それぞれが大事にする車を見て、乗っていた当時を懐かしむイベントにしたい」と意気込む。

 当日は午前8時半に受け付けを始める。11時からは、希望者が出展した車やバイクに乗って町内の国道151号を走るほか、正午には焼き肉の交流会も開く。出展は事務費として1人500円が必要。焼き肉交流会は参加費が1人2千円。問い合わせは松下さん(電話090・4837・8783)へ。

写真説明:「第1回あなん旧車ミーティング」に出す松下さんの「日産スカイライン2000GT」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ