飯田で18日「獅子舞フェス」 23団体の演舞順発表

2015/10/09 10:22
ODEK2015100900486801.jpg

 18日に飯田下伊那地方の獅子舞や太鼓などの23団体が集い、飯田市の中心市街地で舞や演奏を繰り広げる「第8回南信州獅子舞フェスティバル」(実行委員会主催、信濃毎日新聞社など共催)の実行委員会が7日夜、市内で第2回目の会合を開いた。各団体の演舞順などを発表し、祭りを盛り上げる2代目の「獅子ガール」もお披露目された。

 演舞ポイントは、(1)市公民館前のプール跡地(2)中央通り1、2丁目交差点(3)中央通り2丁目(NTT前)(4)中央通り3、4丁目交差点(5)中央通り4丁目=地図=の計5カ所。1セット約1時間の演舞時間で1団体10〜35分間、舞や演奏を披露する。午前9時半から午後2時50分までに計4セットあり、各団体が演舞ポイントを順に回っていく。

 この日の会合で紹介された2代目の獅子ガールは飯田市鼎中平の会社員、宮内貴世さん(23)。子どものころには地元の中平獅子舞保存会に所属し、屋台獅子とともに舞を見せる「おかめ」を担当した。獅子舞を通して「地元の人と知り合えるのが楽しかった」と言う。

 名古屋市の大学を卒業後、今年4月に地元に戻った。今年の獅子ガールを探していた実行委に請われ、「地域のためにできることがあれば」と快諾。当日に和服姿で会場を回るなどして祭りを盛り上げる。「多くの人に獅子舞を楽しんでもらえるように頑張りたい」と笑顔で話した。

 獅子舞フェスティバルの問い合わせは飯田観光協会(電話0265・22・4851)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ