信濃松川駅が今月で開業100年 26、27日に記念イベント

2015/09/23 11:52
ODEK2015092300480101.jpg

 北安曇郡松川村などでつくる実行委員会は26、27日の2日間、JR大糸線信濃松川駅(松川村)が今月開業100年を迎えるのに合わせた記念イベントを、駅周辺で開く。JR東日本が松本―信濃松川間で両日運行する「大糸線100周年号」の乗客が駅に到着する正午すぎ、地元団体のステージ発表や模擬店で盛り上げる。

 信濃松川駅は1915(大正4)年9月29日に開業。製糸業が盛んだった当時は貨物輸送の拠点だった。貨物業務は82年に廃止された。

 記念イベントは両日午後0時半~2時ごろ、駅近くの村活性化センターセピア安曇野駐車場で、村に伝わる民謡「正調安曇節」のほか、和太鼓やコーラスの発表がある。来場者には豚汁も振る舞う。問い合わせは実行委事務局の村役場(電話0261・62・3111)へ。

写真説明:29日に開業から100年を迎えるJR信濃松川駅

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ