ゆく夏くる秋、花で楽しむ 上田・独鈷山近くで13日「祭り」

2015/09/12 11:12
ODEK2015091200476501.jpg

 上田市平井の独鈷山(とっこさん)登山口近くで13日、ヒマワリやコスモスを楽しむ「御屋敷平ひまわり・コスモス祭り」が開かれる。地域住民が毎年丹精しており、独鈷山など雄大な自然を背に咲く花が見頃を迎えた。

 今年で14回目の祭りは、地元の我山(がざん)文一郎さん(78)が知人から譲ってもらったヒマワリの種を育てていたことを機に始まった。今では約0・8ヘクタールの土地にヒマワリやキバナコスモスが育っている。

 祭りでは、来場者に焼き肉やビール、焼酎、ジュースが振る舞われる。今年はキバナコスモスの種をまく場所を変えて量も増やしており、常連にも新鮮な風景だ。祭りを直前に控え、待ちきれなくなって足を運んだり、開花状況を問い合わせたりする人も多いという。我山さんは「例年よりも花は小ぶりだが、小さくてかわいい。まだここを知らない人にも来てほしい」と話している。

 祭りは午前11時〜午後3時。来場者には生の枝豆をプレゼントする。問い合わせは我山さん(電話090・4716・7501)へ。

写真説明:独鈷山を背に咲き誇るヒマワリと我山さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ