「コスモスまつり」盛り上げへ 佐久でライブ10年の節目

2015/09/11 10:29
ODEK2015091100475901.jpg

 コスモス4万株が9キロにわたって咲く、佐久市内山地区の国道254号(コスモス街道)沿いで12〜22日、「第28回佐久高原コスモスまつり」が開かれる。多彩なイベントのうち、13日午後0時半からの「コスモスライブ2015」は10年目。佐久地方を中心に活動する10組が、歌やダンスなどで盛り上げる。

 コスモスライブは、2006年に「コスモス街道さわやかライブ」として始まった。当時、コスモスまつりに集まる人たちは中高年が目立ったため、内山キラキラプロジェクトの代表、若山ゆきさん(58)=佐久市内山=が、若い人も楽しめるイベントをしたいと考えた。

 「ライブの運営は初めてだった」という若山さん。初めての年は、同プロジェクトの7人を中心に、地元住民らがステージの設営、出演者らがライブの運営などを手伝ってくれたという。ビデオ撮影を引き受けてくれる人もいた。これまでに100人以上が関わり、まつりの中のメーンイベントの一つになった。

 今年は、活動を休止している県内のフォークソンググループが登場して盛り上げるほか、内山地区出身の倉品翔さんも歌う。若山さんは「いろいろな人に支えられ、10年続けることができた。人のぬくもりあふれるライブ。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 今年の「コスモスまつり」は、12日午前8時40分からの式典で開会。ポールウオーキング(12日)や荒船山ハイキング(13日)、清流魚のつかみ取り大会(同)など多彩なイベントを準備し、期間中は農産物の即売会や湯茶のサービスなどもある。問い合わせは、コスモスライブが若山さん(電話0267・63・5172)、コスモスまつりが市観光交流推進課(電話0267・62・3285)へ。

写真説明:沿道でイベントが繰り広げられるコスモス街道=10日、佐久市内山

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ