世界のカブトムシ・クワガタムシ 佐久に集合

2015/08/15 10:34
ODEK2015081500465901.jpg

 佐久市下平尾の平尾山公園・佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」内にある昆虫体験学習館で、夏恒例の企画展「世界のカブ・クワ大集合!」が開かれている。世界各地に生息するカブトムシとクワガタを見たり、触ったりすることができる。

 今年は、アジア最大のカブトムシのコーカサスオオカブトや、アフリカ大陸最大のクワガタで艶が特徴のタランドスオオツヤクワガタなど、14日現在で計13種類を展示している。来館した子どもたちは「つるつるしている」などと興奮気味だ。

 東京都から訪れた小学2年生はコーカサスオオカブトなどをお目当てにしていたといい、「大きくてかっこよかった」と満足そうだった。

 企画展は30日まで。開館時間は午前9時半〜午後6時。4〜14歳100円、15歳以上200円。問い合わせは昆虫体験学習館(電話0267・68・1111)へ。

写真説明:珍しい種類のカブトムシを興味深そうに見詰める子どもら

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ