信州フラワーショー始まる 長野の会場に454点

2015/07/24 10:13
ODEK2015072400446601.jpg

 全農県本部などが主催する花の品評会「第47回信州フラワーショーサマーセレクション」が23日、長野市の県農協ビルアクティーホールで2日間の日程で始まった=写真。県内生産者が栽培した花454点を集め、24日も午前9時〜午後2時に一般公開する。

 消費拡大や栽培技術向上が狙い。初日の審査では県農政部や卸売会社の関係者ら約20人が入賞45点を選んだ。会場には、長野県が全国一の生産量のカーネーションやトルコギキョウなどが並び、訪れた佐久市の主婦秋山きくえさん(69)は「どれもきれい。生産者の皆さんの苦労がしのばれます」と話していた。

 上位入賞者は次の通り(敬称略)。カッコ内は農協名と品目。

 ▽農林水産大臣賞 阿部和博(佐久浅間・スタンダードカーネーション)▽農水省生産局長賞 名取照雄(信州諏訪・輪ギク)、菊池利治(同・トルコギキョウ)▽農水省関東農政局長賞 井出希士雄(佐久浅間・スタンダードカーネーション)、堀内昭吾(上伊那・トルコギキョウ)

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ