アートのヒント、宇宙から 山ノ内の美術館で企画展

2015/07/22 10:34
ODEK2015072200445801.jpg

 下高井郡山ノ内町志賀高原ロマン美術館は、夏季企画展「宇宙をみる眼アートと天文学のコラボレーション」を開いている。南佐久郡南牧村の国立天文台野辺山に滞在するなどし、宇宙から創作のヒントを得た作家10人の作品が並ぶ。

 北安曇郡池田町のアーティスト千田泰広さん(37)ら若手作家5人は5月、同天文台に4日間滞在して研究者らと交流した。千田さんは、頭上の暗い空間に無数の糸を張った作品を展示。その内部で照明を付けた直径1・6メートルのリングが回転する。千田さんは「科学の世界に触れ、アートって何だろうとあらためて考えた」と話す。

 10月12日まで(木曜休館、午前9時〜午後5時)。入館料一般500円、小中学生300円。8月2日午後1時半から小さな箱を使った写真の撮影体験、同日午後7時から星空観望会、9月23日午前10時から粘土の造形体験をそれぞれ予定。9月23日午後1時半からは座談会を開く。いずれも参加無料だが、入館料が必要。問い合わせは志賀高原ロマン美術館(0269・33・8855)へ。

写真説明:天文学にヒントを得た作品が並ぶ企画展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ