自然の中、体験しよう 松本で子ども向け「フェスタ」

2015/07/17 10:16
ODEK2015071700443601.jpg

 豊かな自然の中で子どもの好奇心をくすぐる多彩なプログラムを提供する「第16回ネイチャリングフェスタ自然と遊ぼうin松本」が19、20日に開かれる。会場となる松本市アルプス公園(蟻ケ崎)では16日、準備が行われ、雨の中、催しに使うテントや看板を設置するなどして備えた。

 フェスタは、信濃毎日新聞社や松本市などでつくる実行委員会が主催。生きたカブトムシに触れられる「昆虫ドーム」や、自然エネルギー体験、木工木彫教室などが行われる主会場周辺では、業者が台風の影響を気に掛けながら、約40のテントを設置した。

 両日とも午前10時〜午後4時。同市島内の平瀬口交差点近くに無料の臨時駐車場を設け、会場まで無料シャトルバスを運行する。問い合わせは実行委(電話0263・26・0085)へ。

写真説明:当日に向けてテントの設営などの準備が進む松本市アルプス公園

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ