女性合唱団コーラス木曜会 下諏訪で21日コンサート

2015/06/18 10:22
ODEK2015061800421901.jpg

 諏訪地方の50〜70代の女性29人でつくる合唱団コーラス木曜会は21日午後2時から、下諏訪町の下諏訪総合文化センターで22回目のコンサートを開く。3部構成。アカペラや歌謡曲など計20曲を歌う。

 1部「ゆめ」は、ミュージカル映画「オズの魔法使い」の歌など5曲。2部は、平和を願う思いを次代につなげようと、谷川俊太郎さん作詞の「そのひとがうたうとき」を歌う。3部は「ゆれていた時代(とき)」。童謡「からたちの花」や荒井由実さんの「ひこうき雲」など、会員が親しんできた曲を歌う。

 同会は1972(昭和47)年発足。毎週木曜日に諏訪市働く婦人の家で練習し、隔年でコンサートを開く。会長の里見福生子(ふさこ)さん(68)=諏訪市=は「青春時代の思い出を大切にしつつ、これからも夢を失わずに歌い続けていく思いを込めたい」と話す。

 千円。問い合わせは里見さん(電話0266・53・3373)へ。

写真説明:練習で伸びやかな声を響かせるコーラス木曜会の会員

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ