「おかや軽トラ市」楽しんで 「きつね祭」と同時開催へ

2015/06/12 11:14
ODEK2015061200419101.jpg

 岡谷市内の農家らが農産物や加工品を軽トラックの荷台などに載せて販売する「おかや軽トラ市」が7月25日、市中心部の童画館通り商店街で開かれる。地元商業会や岡谷TMOなどでつくる実行委員会の主催。5回目の今年は、夏祭りの「第63回きつね祭」と同時開催となり「商店街を丸1日楽しめる」とアピールしている。

 童画館通り商店街の約170メートルの区間に計25区画を用意。1区画は長さ6メートル、幅2・5メートル。車がない人を対象にしたフリースペース(長さ3メートル、幅2・5メートル)もある。参加費はいずれも1区画2千円。定員になり次第締め切る。

 一帯の道路は午前8時半から歩行者天国となり、軽トラ市は9時半〜正午の予定。午後に始まる「きつね祭」でも軽トラ市の出店者は引き続き販売できる。

 祭の実行委員会は、午後4〜7時に商店街各所でダンスや演奏などを披露する個人・団体も募集している。参加無料。両イベントともに問い合わせ、申し込みは岡谷TMO(電話0266・23・2345)へ。

写真説明:昨年9月に童画館通り商店街で開かれた「おかや軽トラ市」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ