バラの切り花展楽しんで 6・7日、上田で愛好家の会

2015/06/05 11:32
ODEK2015060500415101.jpg

 上田市などのバラ愛好家でつくる上田ばら会は6、7日、同市大手の上田商工会議所1階ロビーでバラの切り花展を開く。会員約20人が出展し、約150種類、400本ほどのバラが並ぶ予定。

 切り花展は1958(昭和33)年ごろに始まった。いったん途切れたものの、89年に再開し、今年で27回を数える。今年は暑い日が続き、例年より1週間ほど見頃が早まったという。

 上田ばら会会長の宮下重光さん(67)=青木村当郷=の庭では、色とりどりのバラが道行く人々の目を楽しませている。今は、赤い「ラ・セビリアーナ」、濃いピンク色の「エルベショーン」、白色の「アルバメイディランド」などが咲いている。宮下さんが35年以上前から育て、増やしてきた。「例年とは違った種類の花も展示するので、見に来てほしい」と話している。

 切り花展は入場無料。午前10時〜午後5時(7日は午後4時まで)。問い合わせは宮下さん(電話090・7260・0786)へ。

写真説明:宮下さんの庭に咲く色とりどりのバラ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ