ゲーム「戦国無双4」の武器 上田で再現・展示

2015/05/30 12:05
ODEK2015053000411701.jpg

 戦国武将が登場する歴史アクションゲーム「戦国無双4」に登場する武器などを再現・展示する「戦国無双の刀剣展」(上田市、長野放送などでつくる実行委員会主催)の内覧会が29日、上田市天神の市交流・文化施設「サントミューゼ」内の市立美術館であった=写真。

 展示された武器や武具計21点のうち9点は、職人約40人がゲーム内で使う武器について史実を参考にしながら再現。上田ゆかりの戦国武将・真田信之がゲームの中で使う「直刀」(全長2メートル5センチ)などがある。内覧会では、武器制作に携わった刀工の川崎晶平(本名・仁史)さん(46)=埼玉県美里町=が「伝統を受け継いだ職人たちの技を見てほしい」と話した。

 刀剣展は30日から8月23日までで、午前9時〜午後5時(入場は午後4時半まで)。火曜休館。一般800円、高校生・大学生500円。小中学生300円。問い合わせは上田市立美術館(電話0268・27・2300)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ