上田城跡公園の桜、切手に 夜桜の写真も初めて登場

2015/04/07 11:14
ODEK2015040700386701.jpg

 日本郵便信越支社(長野市)は6日、上田城跡公園(上田市)の桜の写真を使ったオリジナルフレーム切手を上田市と小県郡青木村の24の郵便局で発売した。同公園で8日に開く「上田城千本桜まつり」の時期に合わせて企画し、10年目。まつり期間中は、同公園内に設けた郵便局のブースでも販売する。

 これまでは82円切手で作っていたが、「はがきで使いたい」という観光客の要望を受け、52円切手10枚をB5判のシートに並べた。今回は初めて夜桜の写真も採用した。

 この日、上田城跡公園のソメイヨシノは満開となり、企画を担当した信濃国分郵便局(上田市)の渡辺慎一局長(54)は「なるべく長く桜が保ってほしい」と期待していた。1シート930円(税込み)。24郵便局で千シート販売する。

写真説明:上田城跡公園の桜の写真を使ったオリジナルフレーム切手

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ